ドンキの1万9800円激安UMPC「NANOTE」がいろいろヤバい件


ドンドンドン☆ドンキ~♪でおなじみドン・キホーテ、
そのドンキからプライベート・ブランドの格安PCライン「情熱価格PCシリーズ」に、
新たに7インチUMPC(超小型ノートパソコン)「NANOTE」(ナノート)が発売されたようです。

ドンキの格安UMPC「NANOTE」

これまで14型ノートや液晶一体型PCなど、スペックを絞り込んで低価格を実現していたシリーズに
必要最小限のスペックを絞り込み7型で低価格を実現、UMPC「NANOTE」として登場。
360度回転可能な7型タッチ付き液晶やキーボードを備えながらも重量約520gという軽量コンパクト!

新型コロナ対策で緊急事態宣言が全国で発令されている影響でテレワークで
仕事する人が増えたせいもあってか、今注目・話題になっているPCのようです。

NANOTE

スペック

商品名:7インチUMPC『NANOTE(ナノート)』
型番:UMPC-01-SR
CPU:Intel Atom Z8350 クアッドコア
OS:Windows10 Home
ディスプレイ:7インチ(1920×1200)タッチ対応
RAM:4GB
ストレージ:64GB eMMC
WiFi/BT:802.11b/g/n, BT4.0
カメラ:前面0.3MP
インターフェイス:microSD×1(256GBまで対応)、Type-C×1、USB3.0×1、イヤホン×1、microHDMI×1
バッテリー:5000mAh/3.8Vバッテリー(約7時間稼働)
サイズ:約181×約113.6×約19.6mm
重量:約520g
付属品:ACアダプタ、USBケーブル(約1.5m)、HDMI変換アダプタ、取扱説明書、保証書
保証期間:購入日より1年間
価 格:19,800円(税抜)
発売日:2020年5月1日(金)よりドン・キホーテ各店舗で順次発売

「NANOTE」の基本スペックは、プロセッサーがAtom x5-Z8350、
メモリー4GB、ストレージeMMC 64GBと必要最小限のスペックに抑えられているので
動画編集や作曲・編曲(DTM)など重い作業には物足りなくなりそう。
超小型パソコンだから仕方ないのかもしれませんね(汗)

さて、この「NANOTE」の実力・評価はいかほどなのか?

結論から言うと、 やっべぇwwwwwwwww

調べれば調べるほどある意味ヤバいシロモノかと・・・(汗)もちろん悪い意味でw
メインのPC目的で購入するのはやめたほうがよさそうです。
このタイプの仕様を理解した上で入門用として買うなら問題はなさそう?な気もします。

購入して実際に検証された方もいらっしゃるみたいなので
合わせてリンク先を紹介しておきます。

>【検証】ドン・キホーテの7インチノートパソコン『Nanote』でライブ配信できるのか!? たしかめた結果……

自分はコレ買うくらいなら11インチ~13インチのノートPC買うかなぁ。
ヤフオクやメルカリなら2万円前後で同スペック以上のノートPC手に入れられそうだし(汗)
NANOTEを購入するなら自己責任で!ということで・・・;

 


 

※2020/05/06追記
現在、さらにヤバイ情報が入ってきたので追記しておきます。
ここまでくると逆に欲しくなってくる件www
なお、ご購入は完全に自己責任でお願いいたします。
こちらから言えることは、何が起きてもどうなっても知らんぞ!という感じです(汗)

本当に大丈夫?ドンキPC NANOTEで起こってることをまとめてみた – はやぽんログ!

>https://www.hayaponlog.site/entry/2020/05/03/104900

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントをお待ちしております

recommended

Sponsered Link

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

Blog under the
CC BY-NC-SA 4.0