Home > アーカイブ > 2018-02

2018-02

カーネル・サ◯ダースの呪い!?KP41病発症と解決、その後・・・

Kernel-Power 41エラー

2017年7月末、突然メインで使ってるPCが謎の強制終了を頻発。
イベントビューアからエラーログを辿ってみると、
重大エラーの欄にKernel-Power、イベントID41の記述が・・・。
調べてみると、どうやら巷で割と有名な「KP41病」であると判明。
しかしこのKP41病、どうやらやっかいなシロモノであるらしく、
有効な解決方法がないという(汗)

そもそもの話、KP41エラーとは一体なにか?

「KP41エラー」とは何か

・KP41/KP41エラー
ブルースクリーン、突然の再起動、スリープ復帰失敗、システムのハングなどの総称。またはそのイベントログを指す。
KP41は、PC再起動時に「前回Windowsが正常にシャットダウンできなかった」「正常にシャットダウンできなかった理由は不明」という意味で記録されるログ。
つまり、ブルースクリーンエラーや予期せぬ再起動が発生した場合、毎回必ず記録される。
とにかく、ものすごく大雑把な括りになってる。

「KP41病/KP41問題」とは何か

・KP41病/KP41問題の(過去の一般的な)定義
KP41エラーのなかで、Windows7/8/8.1以外のOSでは発生しないものや、原因特定が難しいもの、過去の一般的な対処方法では解決できないPCトラブルを指す。
「KP41エラー」が発生する事が問題ではない。
「KP41エラー」が繰り返し発生し、原因の特定が難しい状況になることが問題。

引用:「KP41エラー」=「KP41病/KP41問題」ではない



とにかく原因がワカラナイ。特定が難しい。
KP41病に悩まされて数ヶ月、結論から言いますと

「電源ユニットの故障による電力供給不足」

KP41エラーを頻発していたらしく、泣く泣く電源ユニットを新しいものに
交換したらピタリとKP41エラーが止まりました。
そういえば2017年の夏頃、1~2週間くらい高温多湿状態が続いてたんで
おそらくそれで電源ユニットが故障したのではないかと。

電源ユニット交換の答えに辿りつくまでに時間かかったのは理由がありまして、
困ったことに車検の日が近く、あまりお金を使いたくないってんで
電源ユニットの交換は避けてたんですよね。。。それがアダに(汗)

とはいえ、KP41エラーに有効と思われる対策方法が
効果がなかったわけではなかったので
同じようにKP41病に悩まされている人の為に
参考になるかどうかわかりませんが
有効と思われる対策方法をメモとして残しておきます。

全文を読む

Home > アーカイブ > 2018-02

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
Blog under the
CC BY-NC-SA 4.0


  • SEOブログパーツ


≫ブログ新規登録


Return to page top